風の栗林について

屋号 風の栗林
所在地 大分県日田市前津江町
営業内容 宿泊・各種体験
連絡先 080-1742-1514
定休日 不定休
※ご連絡ください

詳しい住所はご連絡後お知らせします。定休日に関しては不定期なので、事前にご連絡下さい。

庭のばらのアーチ

秋の坂道

秋の坂道

ログハウスとクローバー

食事処とコニファー

故郷

ひと昔前は、ほとんどの人が、故郷(ふるさと)を持っていました。田舎で生まれ、育ち、
都会に就職し、家庭を持ち、子育てをする。
盆、正月には、帰省ラッシュの中田舎に帰り、三世代が集まり先祖の墓参りをしたり、
親戚も集まって、ばあちゃんの作った料理を味わいながら、孫たちの成長や、お互いの元気な顔を見て、
英気を養う。たった3~4日間であっても、故郷の自然や近隣の人たちの笑顔に会うことによって、
半年分の心身の荷物が、ほっと軽くなる。

一方、最近では、○○県出身ではあっても、そこに出迎えてくれる親は居ず、気軽に迎えてくれる親戚も少なくなっている。
そこで、まとまった休暇は、テーマパークなどの観光地や温泉や、グルメめぐりで、リフレッシュ!
しかしこれは、街の喧騒が場所を変えてやってきたようなもの~。疲れが逆に溜ったり、翌日の仕事では大あくび~。
欧米並みの長期休暇が取れれば、一番いいのでしょうが。
それどころか、昨今では、災害や人間関係によるストレスで、出口の見えない状況ににぶつかることも・・・。
自分自身をふりかえってみても、25歳を目前にした次女が他界したとき、自分の身の置きどころといえば、”土”や
”植物”に触れることだけでした。なんて優しいのだろう~。
そして、夫と二人で娘のお墓を探す旅に・・・。そして出会ったのが、ここ前津江の地でした。
重なり合った山々が、しっかり自分を抱き留めてくれる。川筋に沿って続く道路は母なる胎内に続いているよう・・・。
そんな先に、ポツンと見える赤い屋根。初夏は・萌黄色のくぬぎ林に囲まれ、夏はカエルが鳴き、夜は天の川や満天の星空。

くぬぎ林の中の離れのログハウスで、自然の空気を肌で感じながら眠りにつくと、朝は、鶏の声で目覚める。
のんびりと朝風呂に浸かっていると、小窓から見えるブルーベリーの紫のかわいい実。
栗ばやしの中を散策すると、名も知らない野草が、そっと話しかけてくる。
切り株に座ってしばし目を閉じ、瞑想に耽ると、頭も身体も空っぽになり、柔らかい風がそっと身体をなでてくれる・・・。

ここで、安らぎの宿泊施設を作ろう!

縁あって出会った無農薬、無化学肥料で栽培する野菜を使い、生命力溢れる、料理でもてなそう。
その他、普段は中々実践できない、ガーデニングや、薪割り、野菜や木の実の収穫、茶の湯など、その季節に応じた体験もしてもらおう。
朝、昼、夕、ただ、寝ころがるのもOKで~す。